YMS イギリス ロンドン

現金は不可?ロンドンバスの料金と乗り方を徹底解説【2021年最新版】

 

ロンドンのバスに乗ってみたいけどどうやって乗るんだろう?乗車前に知っておいた方がいいことあるかな?

 

今回はこんな疑問を解決します。

ロンドンのバスはロンドン旅行や滞在の際にとても便利な交通手段となりますので事前に利用方法を覚えておくと便利です。

 

日本のバス事情と異なることも多いのでチェックしてみてください

 

 

 

ロンドンのバスの概要・基本情報

今ではロンドンの象徴のように街中いたるところを走っている2階建ての赤いバスですが、皆さんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?

このロンドンのバスですが現在600本以上の路線があり、24時間走っている路線もあることからロンドン市民にはとても愛されている交通手段となっています。

路線が多いことから観光で来た方はルートを調べるのが少し難しいかもしれませんが、

2階席の前方に座ればロンドンの街中走るを観光バスに乗っている気分にもなれるのでぜひ一度経験してください。

ロンドンのバスの料金・決済方法

引用:公式HP: Bus and tram fares - Transport for London

ロンドンのバスの1回の乗車料金は距離にかかわらず1.55ポンドとなっています。地下鉄の料金が最低でも2.4ポンド必要になるのでバスの方がよりお得に感じますね。

さらに、1日の上限料金が4.65ポンドとなっているので、1日に何回バスに乗っても上限以上の料金は発生しません。

4.65ポンドで乗り放題と思うととても良心的な料金設定ですよね。

また、表にある様に、Weekly capという制度もあり、1週間(月曜日 - 日曜日)の毎日乗った場合でも上限21.9ポンドとなっています。

注意

料金は変更する場合もありますのでこちらの公式サイトからご確認ください。

 

決済方法(現金不可)

 ロンドンのバスに乗車する前に注意してもらいたいのが、ロンドンのバスでは現金が利用できないということです。

 決済方法はオイスターカードもしくはコンタクトレス決済ができるクレジットカードorデビットカードのみの支払いとなっています。

 現地の方も基本的にオイスターカードを利用している人が多い様なので、ロンドンに到着したらオイスターカードを入手すると良いでしょう。

 オイスターカードは基本的に地下鉄の自動券売機であればどこでも購入できますよ。

 

「ホッパー」(乗り継ぎ制度について)

 ロンドンバスには「ホッパー(Hopper)」という乗り継ぎ制度があります。

 この制度は1時間以内の乗り換えであれば、1.55ポンドでバスが乗り放題になるという制度です。

 利用の際に何か特別なことをする必要はなく、通常通りオイスターカードをタッチするだけで自動的にホッパーが適用されます。

 注意点としては、この1時間というのは1台目のバスの乗車時からの時間となりますので、利用したい時は1台目の移動時間を計算して利用した方がいいですね。

 

チケットの種類

 ロンドンのバスのチケットの種類ですが、主に「オイスターカード」と「トラベルカード」の2種類あります。今回はそれぞれご紹介します。(クレジットカードやデビットカードのコンタクトレス機能はロンドン交通局発行ではないのでは除外します)

   

オイスターカード

オイスターカード はロンドン市内のあらゆる交通機関で利用できるICカードで日本で言う「Suica」や「ICOKA」のようなものです。

最初に5ポンドをデポジットとして支払い購入し、必要な料金をその都度チャージするような形になります。チャージ残高を確認したい時は駅の券売機またはオイスターカードのサイトにカードを登録することで確認することができます。

ロンドン観光・滞在する方は必須のアイテムですね!

 

トラベルカード

トラベルカードは、ロンドン市内の交通機関が乗り放題になるチケットで1日券(ピーク券・オフピーク券の2種類)7日券があります。

オイスターカードのチャージ残高を確認する必要がないのでとても便利なカードではありますが、トラベルカードを利用するよりもオイスターカードの1日の上限額の方が安くなっているため、個人的にはオイスターカードを利用することをおすすめです。

7日券を利用し、5日以上何度も地下鉄やバスを利用する場合はトラベルカードの方がお得なので、予定に合わせてどちらを利用するのか決めても良いかもしれませんね。

メモ

トラベルカード7日券は英国政府観光庁オンライン限定販売限定販売もしくは地下鉄の券売機でオイスターカードに直接付与する形で入手することができます。

 

ロンドンのバスの乗り方や降り方

 初めてのロンドンのバス、乗車方法がわからないと不安ですよね。ここではロンドンのバスの乗車方法について詳しく解説します。

 ロンドンのバスの乗り方

ロンドンのバスは路線がとても多いので、事前に路線番号と降車予定のバス停を確認しておきましょう

バスに乗り込んだら運転席の横にICカードリーダーにオイスターカードもしくはコンタクトレス決済ができるクレジットカードをかざしてください。バスの料金は一律となっていますので、決済はこれで完了です。

注意

ロンドンのバスは合図をしないと止まってくれないことが多々あるので、乗る予定のバスが近づいて来たら手をあげて合図をしてください。

 

 ロンドンのバスの降り方

目的地が近づいて来たらボタンを押して降りる準備をしておきましょう。

ロンドンのバスはボタンを押さないと基本的に素通りされてしまうので、早めにボタンを押しておく必要があります。

また、降車のドアは乗車場所とは異なり、バス後方のドアとなっています。

2階席の後方などに座っている様な場合はバス停に到着してから移動を始めると間に合わない可能性もありますので一つ手前のバス停くらいから移動を開始するくらいがちょうどいいかもしれません。

しかし、2階建てのロンドンバスの場合、揺れが激しいこともありますので移動の際は十分注意する様にしてください。

乗車時に料金の支払いは済んでますので、降車時はドアが開いたらそのまま降りてもらって構いません。

 

ロンドンのバスで知っておくことや注意点

途中で下車する可能性がある

日本ではあまりない話ですが、ロンドンのバスは渋滞や事故、道路の工事などで途中でルートを変更したり途中下車を促されることがあります。

私も何度か経験したことがあるのですが、その様な場合は落ち着いて乗務員に目的地に行くにはどうすれば良いか聞いてみましょう。

どうしても英語がわからない場合は、一度下車して他のバスに乗り換えた方がいいかもしれません。ロンドンは市内にたくさんの路線が存在するので、乗り換えアプリで検索して目的地行きのバス停を探すことができます。(Citymapperというアプリがおすすめです)

ロンドンのバスは途中下車の場合でも乗り換え料金が1時間以内であれば発生しないので積極的に利用して行きたいところですね。

 

2階は立ち乗り禁止

2階建てのロンドンバスは1階よりも2階の方が多く座席を設けられており、乗車後そのまま2階席に移動することが多くなると思います。しかし、2階席が満員だった場合は再び1階に戻る必要があります。

私はまだ満席のバスに出会ったことがないのでそんなに多いケースではないかもしれませんが、一応覚えておくといいかもしれません。

 

ベビーカーの上限

ロンドンのバスでベビーカーの乗車上限は2台までと決まっています。

もし、乗車予定のバスに既に2台のベビーカーが乗っている場合は次のバスを待つ必要があるので注意しましょう。

 

子ども料金

バスは10歳以下の子どもは無料です。

11歳から15歳は、Zip Oyster photocardがあれば無料なのですが、このカードは手続きが必要になるため滞在者向けですね。

このカードが無い場合は、大人料金の半額(0.75ポンド)で乗車可能です。

   

まとめ

 

 いかがでしたでしょうか。今回はロンドンのバスの料金と乗車方法について解説しました。

 初めて乗車する際は少し戸惑うかもしれませんが、オイスターカードさえ持っていれば大丈夫です。

 ぜひロンドンに来たらロンドンのバスに乗って観光してみてくださいね!

-YMS, イギリス, ロンドン

Copyright© YOSUKELOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.